仲介手数料について

仲介手数料について

一戸建て売却をする時には、家を売って現金を得ることができるのですが、それにばかり注目してはいけません。
まずは不動産業者を利用する場合は、必ず仲介手数料を支払わなければいけなくなります。
これに伴い、実際に家が売れた価格が利益となるわけではないのです。
不動産業者が一戸建て売却の手伝いをする理由というのは、仲介手数料によって利益を得られるからなのです。
これに関しては成功報酬のようなものであり、売買代金によって上限が決められています。
一戸建て売却を考えるときには、仲介手数料を支払わなければいけないことを念頭において計画を立てましょう。
注意点としては、仲介手数料は成功報酬のため、売買契約が成立しなかった場合は支払う必要はありません。
契約が無効になってしまったり、取り消しになった場合でも支払う必要がないのです。
また、一戸建てを売りに出す時の広告費や宣伝費などは費用として請求されることはないです。
その部分は安心して業者に依頼できます。
仲介手数料には上限が定められています。
計算については不動産業者がやってくれるのですが、一応どのような計算方法によって算出されるのかは確認しておきましょう。
手数料の計算は200万円以下の部分、200万円から400万円の部分、400万円を超える部分がそれぞれ異なる上限が設定されています。
もしも3,000万円で一戸建てを売却できた場合は仲介手数料は約100万円が上限となります。
さて注意してほしいのは、これはあくまでも上限だということです。
したがって、交渉しだいではもっと安くできる可能性があります。

基本的に、決められた範囲内であれば、仲介手数料は不動産業者が自由に決められるようになっています。
したがって、もし上記で説明した上限額が法律で決められた額であるように説明された場合は、その不動産業者は信頼できないと考えてよいでしょう。
不動産業者と話し合いをすることによって、具体的にどのくらいの仲介手数料を支払うことになるのかを決めます。
かつては上限額をそのまま支払うのが当たり前でしたが、最近はもっと値引きをしている業者が増えています。
仲介手数料の値引きについてはできるだけ早く行いましょう。
実際に契約を結ぶ前でないと交渉に応じてくれないことが多いです。
また、注意点として、仲介手数料の安さだけで業者を選ぶのはやめましょう。
もっと他の要素にも注目するようにして、総合的に不動産業者の評価をしてください。
そうしないと、業者選びに失敗してしまうこともあるそうです。