一戸建て売却のタイミング

一戸建て売却のタイミング

一戸建て売却はどの様な機会に行えばいいのでしょうか。
マイホームを新しくするために一戸建ての売却にトライするケースが多いです。
こうした場合、考えられるタイミングは3つあります。
ひとまず、先に一戸建ての売却をしてから新しい住まいを買うか、事前に新しい住まいを入手してから一戸建ての売却をするか、または住まいの購入と売却を同時進行で行うのかです。
これらの3つのパターンのうちどれを選べばいいのかで悩んでいる方はたくさんいます。
それぞれの方法にいいところや悪いところがあり、多くの方が悩んできた問題です。
仮に、新しい土地を購入して、そこに家を建てる場合は建売とは異なるタイミングで家を売却する必要があります。
一戸建てを売却して新築マンションを購入するときもタイミングは重要だと断言できます。
しかし、先に家やマンションを購入してしまうと、現在住んでいる家を急いで売らなければいけません。
これはどうしても失敗の可能性が生じてしまいます。
売却価格を希望通りの額にするためには時間がかかる可能性があるからです。
住宅の購入を先行させてしまうと、どうしても売却価格については妥協しなければいけない局面が出てきてしまいます。
それぞれのパターンについて詳しく見ていきましょう。
まず、一戸建ての売却を先にする場合は資金繰りがやりやすくなります。
売却価格が分かり、どのくらいの現金を得られるのかがはっきりとするため、その資金をもとにして新しい住まいを探せます。
また、自宅の住宅ローンが残っている場合は、どうしても売却を先にしなければローンを完済することができなくなるでしょう。

しかし、売却を先にすると、新しい住まいの購入とこれまでの住まいの引き渡しのタイミングが合わないことがあります。
この場合は仮住まいを探す必要があるため、余計な費用がかかってしまうでしょう。
仮住まいのためには100万円近くの費用がかかってしまう可能性があります。
その分、新居の費用を安くしなければいけません。
先に新しい住まいの方を先に見つけておくという方法もあります。
この場合は、目的がちゃんとあるため、住まいを見つけた後には売却に専念することができます。
ただし、実際に一戸建てを売却した時に思う通りの価格で売れるとは限りません。
また、どうしても売れない場合もあります。
その時には新居の購入を見合わせることになります。
どのようなケースにしても、焦って行動をすることは禁物です。
一戸建ての売却では、出来る限り自分の希望を満たせるように行動しましょう。