悪質業者に注意

悪質業者に注意

一戸建て売却時には悪質な不動産業者に気をつけていただきたいです。
想像を越えた種類の悪質業者がいて、さまざまな悪質な行為を受ける可能性があります。
予めどのような被害を受ける可能性があるのかを知っておくと対処することができます。
まず、不動産業者へ依頼するとレインズに登録することになります。
この理由により、あなたの所有する一戸建てについて、他の不動産業者から問い合わせを受けることがあります。
まともな業者であればこれに正しく対応します。
しかし、悪質な業者の場合は、本当は違うのに、契約予定です、売り止めです、等といった虚偽の回答をする場合があります。
これによって、他者の業者があなたにアプローチしてくるのを阻害することによって、自分たちで利益を独り占めしようとするのです。
自社で購入見込み客を多く抱えている業者がこのような不正な行為をすることがあります。
これは情報の囲い込みであり、かなり悪質な行為です。
これによって、あなたが損をしてしまう可能性もあります。
上記のような不正をチェックする方法があります。
たとえば、実際に依頼している業者に対して電話をかけてみるのです。
不動産業者のふりをして物件の確認をしてみましょう。
その際に、どのような対応をするのかによって、不正をしていないかどうかが分かります。
そんな予定はないのに契約予定ですといった回答をされた場合には、その業者は適切に情報を公開していないことが分かります。

この場合は早急に媒介契約を解除するべきでしょう。
また、適切な広告の出し方がされているのかもリサーチしましょう。
たとえば、あなたの知らない業者名であなたの所有する物件が検索サイトに登録されていることも考えられます。
もしも報告を受けていないのに勝手に他の業者に許可を与えているのであれば、これは悪質な行為といえるでしょう。
報告の際には細かい点についてもチェックしてみましょう。
不動産業者を見極めることはとても難しいです。
どの業者も同じような対応をしてくるのが普通であり、専門的な知識を持っていないと判断できないこともあります。
基本的には、見に覚えのないような事態が生じた時には、あなたが依頼をしている不動産業者を一度疑ってみることをおすすめします。
悪質な業者と契約をしていたとしても、デメリットがたくさんあり、得をすることはあまりありません。
優良業者を上手く見つけることができれば、一戸建て売却を成功させられる可能性はかなり高まります。
最初の業者選びが最も大事なのです。