指値交渉

指値交渉

一戸建て売却の際には売主の思い通りに契約を進むことは数少ないです。
そんなのは当然のことであり、なぜならば買主側にもある程度の希望があって、それを通そうとするからです。
だから、どう頑張っても売主と買主とが交渉をしなければいけないことが想定されます。
交渉の内容について一番多いのは指値交渉です。
結局のところ、買主の方がより低価格で一戸建てを売って欲しいと頼んでくるのです。
購入を望む人が何円であれば買うということを伝えるのが指値といいます。
この指値に関する交渉が指値交渉です。
一戸建て売却をする時に不動産業者に依頼をするならば、何円で売却したいのか希望価格を伝えるだけではなくて、どのラインまでならば許容できるのかという最低限のラインを知らせることも大事だと考えます。
仮に指値がラインを上回るものであれば何一つ心配する必要はないです。
ですが、指値がラインを下回るケースも考えられます。
この際は色々と考えなければいけません。
あまり考えられませんが買主の方が口頭で指値を言ってきたならば、安易にそれに対応してはいけません。
買主の方が真剣にそのお宅を買おうとしているのかはまだ分からないからです。
一時しのぎの返答をしてしまうと、次からはその金額が基準になってしまう可能性がある可能性も高いです。
最低限、買付証明書や購入申込書を受け取ってから具体的な指値への回答をすることを意識しましょう。
書類をつくったのであれば、その買主はそこそこ力を入れて一戸建てを購入しようとしていることが分かるからです。

もし受け入れられないような指値を要求されたならば、それをすぐに断っても構いません。
不動産業者が実際の対応をするのですから、相手が気分を害してしまうかもしれないと余計な心配をする必要はございません。
業者はお互いの気持ちを害さないように細かな部分まで注意を払い、計画的に行動してくれるからです。
ですが、指値については真剣に考えましょう。
かりに許容できない額だったとしても、その内容はよく考慮するべきです。
もしかしたら他に買主が現れない可能性があるかもしれないからです。
また、その指値でも十分満足できるものである可能性もあります。
もちろん、指値以外にもさまざまな条件を提示されることがあるため、それらについても同様に慎重に考えるようにしましょう。
どのようなケースでも、基本的に即決するのは避けた方がよいです。
できるだけ時間をかけてじっくりと考えることが大切です。
このやり方なら、損をすることを避ける事ができます。