確定申告を忘れずに

確定申告を忘れずに

一戸建て売却の際に利益が発生することがあります。
その一戸建てを購入した時の価格よりも高く売れれば、その差額が利益となります。
この利益については確定申告をしなければいけません。
税法では譲渡所得に区分されており、他の所得とは違う方法によって税額が計算されます。
不動産の売買をした時の登記情報についてはすべて税務署に届くようになっているため、申告をしていないと通知が自宅まで届くようになります。
したがって、ごまかすことはできません。
通知を無視すると脱税となってしまうため気をつけましょう。
確定申告をするためには申告書を入手する必要があります。
税務署に行けばすぐにもらうことが可能です。
税務署で入手する書類としては、確定申告書B様式と分離課税用の確定申告書、譲渡所得の内訳書が必要となります。
一戸建ての売却で得た利益を確定申告したいと伝えれば、税務署の職員が必要な書類を用意してくれて、詳しい説明を受けることができるでしょう。
これまでに確定申告をしたことのない方は、きちんと説明を聞いて、分からないことがあればすぐに質問をしておきましょう。
自分で用意しなければいけない書類としては、売買契約書や領収書などのコピーです。
一戸建ての売却で得た譲渡所得の税金については、給与所得や事業所得などとは別に計算をします。
このことを分離課税といいます。
税金を計算するならば、まずは譲渡所得を算出する必要があります。

基本的には、譲渡した金額から、その一戸建てを取得するためにかかった費用や売却費用を引けばいいです。
取得費については、所得期間中の減価償却費相当額を差し引かなければいけないため注意しましょう。
譲渡所得からさらに特別控除を引いて、残ったものが課税対象となります。
所得税については、所有していた期間によって計算方法が異なっています。
逆に一戸建てを売却して譲渡損失が生じるケースもあります。
この場合も確定申告をすることをおすすめします。
他の所得から損益通算をすることができるため、これによって所得税を大きく減税することができるのです。
したがって、利益を得た場合でも、損失が生じた場合でも、どちらのケースでも確定申告は必要となります。
確定申告をしたいけどわざわざ税務署へ行く暇がないという方がいるかもしれません。
そういう方はインターネット上で申告をすると良いでしょう。
必要な書類はネット上でダウンロードすることができます。
すべての申告手続きをオンライン上で済ますことのできるサービスも存在します。
確定申告は正確に行いましょう。