一戸建て売却は情報隠しに注意

一戸建て売却は情報隠しに注意

一戸建て売却の際には、悪質な不動産業者に騙されてしまわないように気をつけてください。
悪質な営業活動をしているところはたくさんあるからです。
まず、ポイントは不動産業者は一戸建て売却の依頼を受けた時には、レインズに登録をします。
このレインズは業者間で情報を共有するためのシステムとなっています。
これによって、他の不動産業者もあなたの売りたい物件についての情報を得ることができるため、購入希望者を探しやすくなります。
したがって、あなたがたとえばA社に依頼をしたとしても、実際にはB社やC社から購入希望者を紹介されることがあるのです。
これはレインズによる情報公開のおかげです。
しかし、売却を依頼したA社から購入希望者の紹介があるのに、他の会社からは全然紹介されないケースがあります。
この状況は色々な考え方ができます。
もちろん、A社が一生懸命営業活動をしているという見方もありますが、A社が情報公開をきちんと行っていない可能性もあるのです。
レインズに登録するときには、登録証明書が発行されます。
これはきちんと依頼者に渡されます。
この時、悪質な不動産業者は証明書が発行された時点で情報を削除してしまうことがあります。
こうすると、他の会社はあなたの売りたい物件についての情報を知ることができません。
したがって、A社のみがあなたの物件についての情報を独占して、購入希望者を探すことができるのです。
上手くいけば、これによって一つの物件の売買により、売主と買主の双方から媒介手数料を得ることができるのです。

これは当たり前ですが悪質な行為であり、不正です。
他の業者に情報を照会してもらえば、不正をしているかどうか確かめることは可能でしょう。
しかし、まったく面識のない業者に情報の確認だけをしてもらうのは難しいでしょう。
もし怪しいと思うのであれば、念のため他の業者の方に頼み込んで調べてもらうと良いでしょう。
快く引き受けてくれる良心的な業者も存在しています。
悪質な不動産業者を見極めるためにはネット上の情報を参考にしましょう。
悪い評判が存在しているのであれば、怪しむべきです。
また、実際に担当者と話してみて、その人の人間性を確かめるという方法もあります。
あまりにもこちらの都合を簡単に聞き入れてくるような業者は怪しいです。
まともな業者であれば、良い点だけを説明するのではなくて、悪い点もきちんと指摘をしてくれます。
どのようにすれば上手く一戸建てを売却できるのか、助言をきちんとくれるならば良心的な業者であるといえるでしょう。