一戸建て売却の税金

一戸建て売却の税金

一戸建て売却をする時には、状況にもよりますが利益が発生することが多いです。
その利益に対してはもちろん税金を支払う必要が生じます。
どのような税金を支払わねばならないのかを理解しましょう。
まず、印紙税がかかります。
不動産を売却するためには、契約書に印紙を貼ることになります。
これに税金がかかるのです。
印紙税の金額に関しては、契約書に記載されている金額により異なります。
1,000万円から5,000万円の間ならば印紙税は1万5,000円であり、5,000万円から1億円の場合には印紙税は45,000円となっています。
もし一戸建てを売却して、それによって利益を得たならば、その利益に対して所得税が発生します。
利益が出るのは、その物件を購入した時よりも高い価格で売れた時です。
税金の対象となるのは、購入した時の額と売却した時の額との差額であり、たとえば4,000万円で購入した一戸建てを5,000万円で売却することができたならば、差額の500万円に税金が発生します。
ただし、所得税の対象は純利益分となっているため、物件を購入する時にかかった費用についてはマイナスすることができます。
また、特別控除があるため、3,000万円までの所得については控除できます。
ただし、特別控除が適用されるためには条件が決まっています。
まず、所有者がそこに住んでいることが条件です。
その物件が居住地であった人でないと、特別控除を受けられません。

また、不動産を譲渡する相手は親族以外である必要があります。
一戸建てを売却する年に住宅ローンの控除を受けていないことも条件となります。
他にも、いくつかの条件が存在するため、確認しておきましょう。
所得税率については、保有している期間によって数値は変わります。
5年以内の短期保有に関しては30%の所得税率となり、5年以上の長期保有については所得税率は15%となっています。
所得税だけではなくて、利益が発生した際には住民税も支払う必要があります。
こちらも所得税と同様に、その一戸建てを買った時と売った時との差額が対象となります。
住民税に関しては短期保有の場合は9%、長期保有の場合は5%の税金がかかります。
住民税にも特別控除があるため、確認しましょう。
このように、一戸建てを売却して利益を得た場合にも税金が発生することは覚えておきましょう。
ただし、多くのケースでは、特別控除が適用されるため、大きな利益を得たのでない限りは税金を支払うことはないでしょう。
税金に関しては絶対に支払わなければいけないため、条件を満たしてしまった場合には、きちんと期日までに支払いましょう。