隣家が老朽化している時に一戸建て売却

隣家が老朽化している時に一戸建て売却

一戸建て売却の際には、その建物がどのような状態になっているのかはもちろん重要です。
一方、それだけではなくて、隣家がどのような家であるのかも重要なポイントとなります。
あり得ないことかもしれませんが、隣に老朽化している空き家がある場合には買い手がつきにくくなってしまいます。
老朽家屋が近くにあると、たとえば火災の危険性があり、それに巻き込まれてしまう可能性があるからです。
隣に空き家があるとそれだけで不利になってしまいます。
その時点でどのような対策があるのでしょうか。
地方都市や過疎地域はもちろんのこと、大都市であっても空き家が増加しており、老朽化が進んでいるケースがあります。
そういうふうな家を放置しておくと倒壊の危険性もあります。
その他の条件がまったく同じ物件が仮に存在するとしましょう。
そうして、どちらか一方の隣家に老朽化が進んでいる空き家があるとそれだけで買い手がつかなくなります。
売主にとっては、これまで生活をしてきて特に問題がなかったのだから、隣家が老朽化している空き家だったとしても大目に見て欲しいと考えるでしょう。
一方、買主にとってはそのような考え方はしません。
万が一のことを考えれば、リスクは極力避けたいと思うのが普通だからです。
もちろん、隣に老朽家屋が存在していたとしても、価格を下げることによって買い手がつく可能性はあります。
そうだとしても、隣家の状態があまりにも酷い場合はたとえ価格を下げたとしても買い手がつかない可能性もあります。
一つの考えとして、隣家とともに売却をするという方法があります。

たとえば、不動産業者の方で、隣家の所有者に対して売却のための交渉をしてくれるケースがあります。
同時売却を持ちかけたとしても必ずしもそれに対応してくれるとは限りません。
とは言え、少しでも可能性があるのであれば、試してみる価値はあるでしょう。
特に自分の所有する土地が狭い時には、隣家と同時に売却をすることで土地が広がるため、買い手にとってもメリットはあるのです。
老朽化している部分の建物を取り壊して、新しい家を建てたり、駐車場や庭、倉庫などを建てることも可能でしょう。
単独で売却を進めるよりもより可能性が広がります。
ちなみに行政側もさまざまな対処をしています。
これからも老朽化の問題と空き家の問題は多くの方達を悩ませてしまいます。
その住宅だけではなくて周りの住宅にも影響を与えてしまうため、早めに解決してもらいたい問題です。
これから行政は原因を分析して解決するための行動に出るでしょう。