一戸建て売却と瑕疵担保責任

一戸建て売却と瑕疵担保責任

一戸建て売却について考える際に重要なポイントとなるのが瑕疵担保責任です。
これに関しては、売主が気づいていなかった問題が引き渡し後に発見された場合に、それについての責任を負わなければいけないことです。
契約書においては、瑕疵担保責任は一般的に期間が決められており、二ヶ月から三ヶ月となっている事が多いです。
分かりやすい事例としては、シロアリによる被害や建物を支えている木部の腐食、雨漏り、給排水管の故障などがあります。
これらに関しては、売主自身が気がついていないケースがあるのです。
何はともあれ築年数の経過している住宅を売るときには注意しましょう。
気軽に瑕疵担保責任を受け入れてしまったことにより、実際に引き渡した後にかなりの費用を請求される可能性もあるのです。
マンションとは違って、住宅の場合はそのすべてについて売り手が負担する必要があります。
マンションの場合は共用部の故障については責任を負う必要がないですが、一般住宅では、その敷地内にあるすべてについての責任が生じるのです。
あまり考えられませんが、生活をするのに大きな支障が生じるほどの欠陥が見つかった場合には最悪訴訟となるケースもあります。
そのため、瑕疵担保責任については十分検討をして、慎重に内容を確認するべきでしょう。
場合によっては不動産業者が買い手に働きかけてくれることにより、瑕疵担保責任がなくなるケースもあります。
必ずしも瑕疵担保責任を契約の中に入れる必要はないのです。
しかし、実際問題としては、多くの買い手は瑕疵担保責任を求めます。
また、売り手がその欠陥について知っていながら売却した場合には売り手が責任を負う必要が生じます。
築年数が経過していると家の中にどのような欠陥があるのか分かりません。

万が一のことを考えて、きちんと建築診断を受けておくべきでしょう。
そうしないと、ひょっとしたら大きな欠陥が存在しているにも関わらず、それを売ってしまう可能性があるからです。
場合によってはリフォームをする必要もあります。
基本的に家を売る時にはマイナスの要素についてもきちんと公開しなければいけません。
そうしないと、買い手が損をするからです。
不動産業者の方から、家の中に欠陥がないのか確認させられることも多いです。
業者にとっては、欠陥のある住宅を売ってしまいトラブルに発展することはどうしても避けたいからです。
悩みのある方は、業者に相談をして、建築診断をどうすれば受けられるのか説明をしてもらうといいでしょう。