レインズについて

一戸建て売却とレインズについて

一戸建て売却の際にレインズという言葉を聞いたことのある方は数多くいらっしゃるでしょう。
レインズとは不動産流通標準情報システムという意味です。
不動産流通機構は全国に4つ存在しているのですが、そのようなものがレインズというネットワークシステムを運営しているというわけです。
レインズは不動産についての最新情報を所持しています。
全国にネットワークを広げているため、情報収集に役立てることができるのです。
バラエティに富んだ不動産業者が会員として登録しているため、リアルタイムで色々な物件の情報について検索することが必要です。
一戸建て売却の際にはレインズに登録することによって、多くの顧客たちに自分の売りたい物件についての情報を公開することが出来ます。
売主にとっては買主を見つけるための時間を短縮させる効果があります。
一戸建てを購入したいと考えている多くの方があなたの物件の詳細を確認してくれるため、あなたの希望通りの価格で一戸建てを売却できる可能性が高くなっていくのです。
オマケに、一戸建て売却のために不動産業者と媒介契約をする際にはレインズに登録する義務があります。
ですが、一般媒介契約をしている場合にはレインズに登録する必要はありません。
これに伴い、レインズには登録されていない物件の情報もたくさんあります。
なので、レインズを利用する方は、そこに登録されているのが日本に存在する住宅情報の100%であると考えてはいけません。
レインズに登録することにはメリットだけではなくデメリットも存在しています。
まず、レインズに登録するということは、あなたの住んでいる、あるいは所有している一戸建てを売却しようとしていることが知られてしまうようです。
当たり前ですが、レインズは一般の方が気軽にアクセスできるわけではないのですが、不動産業者を介せば普通に情報を確認することができます。

自分が家を売ろうとしていることを知られたくないのであれば、レインズには登録しない方が良いでしょう。
さらには、レインズに登録されると、登録した日時が分かります。
その後、数ヶ月経過しても売れなかった場合には、その物件は人気のないことが分かってしまいます。
長期間売れていないということは、何か問題があるのではないかと勘ぐられてしまう可能性があるでしょう。
このようにデメリットも存在しているのですが、基本的にはレインズはとても便利なシステムであり、一戸建て売却をスムーズに進めるためにはとても役に立つものです。
不動産業者と契約を結ぶ前にレインズについてきちんと理解しておきましょう。